オーディションについて

私はライブハウスのオーディションを受けたことがあります、ボーカル、ギター、音源という編成でしたが、オーディション後ボーカルだけ定期的に出演してくれとお話があり悔しい思いをしたことがあります。

また友人に声優の学校へ行った方がおり、仕事はオーディションで取るようです。ベテランの方によると自分が一番だと思うなど強い気持ちがないと仕事は取れないそうです。

また演劇の世界のオーディションも有名なお芝居はとても狭き門のようで端役でもとても大変なようです。アルバイトをしながらオーディションを受け続けるとても大変な世界のようです。
また有名な役者さんなどはオーディションではない方もいるそうです。
音楽の世界ではスタジオミュージシャンもオーディションがあり、一つのジャンルだけ追及しているミュージシャンよりもいろいろなジャンルに対応しており、パソコンでデータのやりとりができるなどの付加価値があるミュージシャンのほうがオーディションで採用されることもあるそうです。
オーディション会場で突飛な行動をとり採用される、または普通にしていたら採用されたなどいろいろあるようです。
ブロードウェイミュージカルのオーディションなどは本当に狭き門のようでコーラスラインのオーディション風景を見たことがありますが普段から鍛えた方々ばかりですが、トップの世界では採用されることは少なくオーディションは本当に厳しいもののようでした。今後私も何かしらのオーディションを受けると思います。

★必須!オーディションに受かるためのサイトチェック!
オーディション写真のコツについて
オーディション情報ならスターバンクがおすすめ
独学でモデルを目指す